●イヌとネコの進化●

イヌとネコは先祖は一緒、

ということは多くの方がご存知ののことと思います。

 

イヌが雑食で

ネコが肉食動物であるということも

多くの方がご存知かと。

 

では、

肉食とか草食、

何を基準に決まると思いますか?

肉しか食べないと肉食ですか?

草が好きだと草食ですか?

お米を食べれば雑食ですか?

笹ばかり食べているパンダ、あれはクマの仲間ですので肉食性では?

ネコも猫草を個体差はありますが、喜んで食べる子も多いですね。

 

基準は食べたものを

体の中で代謝し、

栄養素として吸収されるか。

そのための体内の構造や機能が備わっているか、

で決まります。

 

なので、

イヌは肉も草も消化し、

栄養素として活用できる機能が備わっているので雑食と定義されています。

(厳密にいうと解剖学構造を見ると肉食性で、代謝機能を見ると雑食性)

ネコは草を食べても、栄養素として活用できる機能が体に備わっていないため

肉食動物と定義されます。

 

ちなみに

パンダは肉食性の消化機能を持っている雑食動物でした。

 

f:id:pixy122000:20210213173141p:plain

 

●分類●

発見された有機物全てになんらかの分類がされてます。

界、門、亜門、綱、目、科、属、種とそれぞれなんらかのカテゴリーがついています。

 

例えば我々人は

動物界、脊索動物門、哺乳綱、サル目、ヒト科、ヒト属、ヒトです。

 

イヌとネコは食肉目、裂脚亜目まで一緒で、

その先からイヌ上科とネコ上科に進化の過程で別れました。

ちなみにもう絶滅していますが、

ミアキスという動物もここでミオキス上目として別れます。

 

共通祖先を持つイヌとネコですが、

進化した両者の間には相違点がもちろん大きいですが、

何より食性の違い(肉食、草食)があります。

これは進化の過程における歴史において、

人との関わり、つまり「家畜化」が大きく影響したという考え方が

あります。

f:id:pixy122000:20210205184723p:plain

 

●分類●

発見された有機物全てになんらかの分類がされてます。

界、門、亜門、綱、目、科、属、種とそれぞれなんらかのカテゴリーがついています。

 

例えば我々人は

動物界、脊索動物門、哺乳綱、サル目、ヒト科、ヒト属、ヒトです。

 

イヌとネコは食肉目、裂脚亜目まで一緒で、

その先からイヌ上科とネコ上科に進化の過程で別れました。

ちなみにもう絶滅していますが、

ミアキスという動物もここでミオキス上目として別れます。

 

共通祖先を持つイヌとネコですが、

進化した両者の間には相違点がもちろん大きいですが、

何より食性の違い(肉食、草食)があります。

これは進化の過程における歴史において、

人との関わり、つまり「家畜化」が大きく影響したという考え方が

あります。

f:id:pixy122000:20210205184723p:plain

 

●分類●

発見された有機物全てになんらかの分類がされてます。

界、門、亜門、綱、目、科、属、種とそれぞれなんらかのカテゴリーがついています。

 

例えば我々人は

動物界、脊索動物門、哺乳綱、サル目、ヒト科、ヒト属、ヒトです。

 

イヌとネコは食肉目、裂脚亜目まで一緒で、

その先からイヌ上科とネコ上科に進化の過程で別れました。

ちなみにもう絶滅していますが、

ミアキスという動物もここでミオキス上目として別れます。

 

共通祖先を持つイヌとネコですが、

進化した両者の間には相違点がもちろん大きいですが、

何より食性の違い(肉食、草食)があります。

これは進化の過程における歴史において、

人との関わり、つまり「家畜化」が大きく影響したという考え方が

あります。

f:id:pixy122000:20210205184723p:plain

 

●分類●

発見された有機物全てになんらかの分類がされてます。

界、門、亜門、綱、目、科、属、種とそれぞれなんらかのカテゴリーがついています。

 

例えば我々人は

動物界、脊索動物門、哺乳綱、サル目、ヒト科、ヒト属、ヒトです。

 

イヌとネコは食肉目、裂脚亜目まで一緒で、

その先からイヌ上科とネコ上科に進化の過程で別れました。

ちなみにもう絶滅していますが、

ミアキスという動物もここでミオキス上目として別れます。

 

共通祖先を持つイヌとネコですが、

進化した両者の間には相違点がもちろん大きいですが、

何より食性の違い(肉食、草食)があります。

これは進化の過程における歴史において、

人との関わり、つまり「家畜化」が大きく影響したという考え方が

あります。

f:id:pixy122000:20210205184723p:plain

 

●歯の病気のなりやすさ●

・年齢

若い子よりは年齢を重ねた犬猫に多い。

最近は若くても歯周病が進行しているケースも見られるので

若いから平気!は危ない。

 

・犬種

小型犬>中型、大型犬

加えて小型犬の方は進行スピードも早い。

これは顎の形や歯並びが関係していると考えられます。

 

・食べ方

よく噛むこは唾液がよく分泌されるので、

口の中が綺麗に保たれやすい。

よく噛むことで、食べ物と歯垢とぶつかる頻度が増え、

結果、汚れも落ちやすい。

フードを飲み込む習慣、もしくは飲み込みやすいフードは

歯周病予防には向いてない。

 

・フード

ドライよりウェットフードの方が歯のトラブルリスクは高い。

ウェットの方が歯に食べカスが付きやすいから。

ドライの方がよく噛み、唾液が出やすいからでもある。

ドライでも飲み込みやすい小型より、噛む形状の方が歯周病予防に適する。

 

・栄養素

一般的に食物繊維が多い方が思考の研磨作用が大きいし、噛無事で唾液も分泌されるので歯周病疾患予防にはいいとされている。

ビタミンミネラルはバランスが大事。

多すぎても少なすぎてもだめ。

総合栄養食を食べていれば取り立てて気にすることではないが、

手作りのご飯の場合は気にかけなかけなければならないだろう。

 

f:id:pixy122000:20210121134328p:plain

 

●硬いおもちゃ●

唾液出すのがいいなら、

かたーいガムとか骨とかあげればいいのでは?

という発想があるかもしれない。

実際にそのような商品は

世の中にたくさん存在する。

 

「よく噛み」「唾液をだす」ことに関していえば

確かに合っている、

しかし

歯周病対策」としてはアウトといえます。

 

なぜかというと、

人と違って、犬や猫はカミカミ咀嚼するように

歯や顎はできてない。

カミカミカミカミする行為は、

我々にとっては唾液でる、顎は鍛えられるし、

いいことなのだが、

犬猫にとっては

歯への負担がすごーく大きく、

逆に歯へのダメージを与えてしまうので、

N G

 

f:id:pixy122000:20201019202706j:plain