肥満1

2019年のアメリカの獣医学雑誌に載った論文より

 

動物病院に入院した猫のうち

30%が「太り過ぎ」または「肥満」

と推定されました。

さらにその中の512歳と中年以降の猫に関していえば

40%が太り過ぎまたは肥満だったそうです。

 

ちなみに

「太り過ぎ」とは猫種の最適体重から10−19%オーバーの猫をさし、

「肥満」は20%以上オーバーの猫のことをさします。

 

太り気味の兆候は

1、胸を触った時に肋骨をなかなか感じられない

2、上から見た時にくびれが感じられない

3、首輪がキツそう

4、歩きずらそう、走りずらそう、動きが鈍い

 

特に1、2は猫の体格を医学的に評価する上で

重要な項目です。

 

猫種別に肥満度を簡単にチェックできるものがありました。

参考に。

https://shopping.geocities.jp/chanet/archives/maker/hills/metabo/cat/

 

しかし、

肋骨の触った感覚やくびれの有無は

初めは中々わかりにくいものです。

かかりつけ獣医師に

「うちの子太ってますか?

BCSBody Condition Score)いくつですか?」

何度も聞いて確認し、

参考にするのが宜しいかと思います。

f:id:pixy122000:20210706133415j:plain

f:id:pixy122000:20210706133442j:plain